20:08 2018年10月22日
F-35A

F35A初配備で記念式典、青森

© AP Photo / U.S. Air Force/Senior Airman Colby L. Hardin
日本
短縮 URL
1312

小野寺五典防衛相は24日、航空自衛隊三沢基地(青森県)で自衛隊に初めて配備されたF35A最新鋭ステルス戦闘機の記念式典に出席した。F35Aはレーダーに映りにくいステルス性能が特徴で領空侵犯への対応や北朝鮮の警戒監視活動に当たる。

スプートニク日本

小野寺氏はあいさつで、北朝鮮の核・ミサイル開発や、中国やロシアによる日本周辺での軍事活動の活発化に触れ「わが国の安全保障環境は戦後最も厳しいと言っても過言ではない」と指摘。「F35Aは高いステルス性を有し、情報収集や警戒監視など多様な任務を実施できる」と配備の意義を強調した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

日本政府 25機のF-35A追加購入計画 消息筋情報

米国のF35戦闘機、飛行中に「バラバラ」になり始める

タグ
武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント