07:21 2020年07月12日
日本
短縮 URL
112
でフォローする

安倍晋三首相は1日の参院予算委員会で、今国会に提出予定の働き方改革関連法案から裁量労働制の適用拡大を削除すると正式に表明した。野党が引き続き強く反対している一部専門職を労働時間規制の対象外とする「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」創設に関しては「予定通り法案に盛り込む」と強調した。民進党の大塚耕平代表への答弁。

スプートニク日本

大塚氏は、法案に含まれる残業時間の上限規制と正社員と非正規労働者の不合理な格差をなくす「同一労働同一賃金」の導入について「われわれも賛成だ」と表明。「高プロをやめれば非常に前向きに法案の審議に応じられる」と述べ、高プロも削除するよう要求した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

裁量労働制は今国会断念、首相打撃 働き方法案から切り離し指示

裁量労働制、今国会は断念 首相「国民に疑念抱かせた」

タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント