18:53 2019年10月18日
安倍首相

日本政府、「災害に強い、強靭な国づくり」を進める方針

© REUTERS / /Toru Hanai
日本
短縮 URL
128
でフォローする

日本政府は、東日本大震災の被災者が通常の生活に戻るために復興を加速し、災害に強い、強靭な国をつくる方針。11日、安倍首相が東日本大震災追悼式で述べた。

スプートニク日本

安倍首相は「被災者お一人お一人が置かれた状況に寄り添いながら、今後とも、避難生活の長期化に伴う心の復興や心身のケア、生活再建のための相談に加え、新しいコミュニティ形成の取組など、生活再建のステージに応じた切れ目のない支援に力を注ぐとともに、原子力災害被災地域における帰還に向けた生活環境の整備、産業・生業の再生支援など、復興を加速してまいります。同時に、震災による大きな犠牲の下に得られた貴重な教訓を、胸に刻みながら、英知を結集して、防災対策を不断に見直してまいります。政府一丸となって、災害に強い、強靭な国づくりを進めていくことを、改めて、ここに固くお誓いいたします」と述べた。

首相官邸ホームページで発表された。

また安倍首相は「被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます」と述べ、日本全国及び世界各国からの支援に感謝の意を表し、御霊の平安を祈念した。

関連ニュース

日本、東日本大震災から7年 黙祷をささげる

復興相「被災地支援きめ細かに」 国の施策に実情反映

タグ
福島, 安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント