04:43 2018年05月25日
東京+ 20°C
モスクワ+ 17°C
    沖縄・翁長知事、米国へ出発 辺野古反対改めて訴え

    沖縄・翁長知事、米国へ出発 辺野古反対改めて訴え

    © AP Photo / Yoshikazu Tsuno/Pool Photo
    日本
    短縮 URL
    181

    沖縄県の翁長雄志知事は11日、成田空港から民間機で米国に向けて出発した。首都ワシントンで、政権や議会関係者らとの会談やシンポジウムなどを通じ、沖縄に集中する米軍基地の重い負担の現状や米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対していることを改めて訴える。

    スプートニク日本

    翁長氏は那覇空港で記者団に「沖縄の基地負担の歴史を踏まえ、負担軽減につながる現実的な代替案を探求することが重要だ。シンポで、いい形で代替案が出てくれば」と期待を述べた。

    翁長氏のワシントン訪問は2014年の知事就任後4度目。

    (c)KYODONEWS

    関連ニュース

    沖縄の基地反対運動:軍国主義の高揚に反する戦い、そして安全で安心な生活への願い

    タグ
    日米関係, 米国, 日本, 沖縄
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント