08:04 2019年04月25日
河野外相

河野外相「イージス・アショアの日本配備は対露ではない」

© Sputnik / Mikhail Voskresensky
日本
短縮 URL
2915

日本の河野外相は、米国の全地球的ミサイル防衛システムのアジア部分の展開に関するロシアのラブロフ外相の声明にコメントし、地上配備型ミサイル防衛システム「イージス・アショア」の配備は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によるミサイルの脅威からの防衛を目的としたものであり、ロシアに対するものではないと強調した。

スプートニク日本

NHKによると、現在米国を公式訪問している河野外相は、米国のイージス・アショアシステムの日本による目前の配備の理由については、ロシア側に一度ならず、詳細に説明しており、これは北朝鮮側からのミサイルの脅威解決のための重要な一歩であり、ロシア外相の発言は的外れだと述べた。

この前日、ラブロフ外相はベトナムと日本のメディアに対し、米国の全地球的ミサイル防衛システムの日本と韓国を含むアジア部分の展開は、ロシアの国家安全保障確保の問題に直接触れるものだと述べていた。それとともにラブロフ外相は、「自らの安全保障確保の手法選択や、自らのパートナーと軍事分野でのそれらパートナーとの協力形式の選択に対する日本の権利を」ロシア政府が「尊重する」と強調した。

関連記事

タグ
軍事, 露日関係, 核問題, 河野太郎, セルゲイ・ラブロフ, 日本, 北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント