06:42 2018年05月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 17°C
    「超高齢社会」日本 後期高齢者数が15歳未満の年少人口を上回る

    「超高齢社会」日本 後期高齢者数が15歳未満の年少人口を上回る

    © AFP 2018 / Yoshikazu TSUNO
    日本
    短縮 URL
    151

    総務省が13日に発表した推計人口で、日本の65歳以上の高齢者人口が全体の28%近くを占め、75歳以上の後期高齢者人口は15歳以未満の年少人口を上回っていることが明らかにされた。

    スプートニク日本

    日本の総人口は2017年10月1日の段階で22万7千人(0.18%)減少し、1億2670万7千人となった。

    人口減少が認められたのは全国47の都道府県のうち40県。

    65歳以上の高齢者人口は2017年、3515万2千人(27.7%)と史上最高を記録した。これは世界保健機関(WHO)の規定では「超高齢社会」に相当する。

    「超高齢社会」のカテゴリーに入るというのは65歳の人口が総人口の21%を上回る場合。

    2017年、75歳以上の後期高齢者の人口は2017年、1748万2千人にのぼった。これは総人口の13.8%の割合を占める。

    一方で15歳未満の年少人口は2017年、全体のわずか12.3%の1559万2千人を占めるのみにとどまった。

    関連ニュース

    格付けS&P、日本経済を「ポジティブ」に引き上げ

    日本の完全失業率、2.5%に悪化も予測を下回る 2月

    タグ
    高齢, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント