21:38 2018年08月18日
東京

「国際観光旅客税」は日本を外国人にとってより快適な国にする

© Fotolia / Wiennat M
日本
短縮 URL
118

日本は2019年1月に「国際観光旅客税」を導入する。日本人と外国人から出国時に1000円を徴収する。なお2歳未満の子供及び日本滞在時間が24時間以内の乗り継ぎ客は対象外となる。

スプートニク日本

日本では、2020年東京五輪・パラリンピックに外国から4000万人が訪れ、2030年までに訪日客が6000万人まで増加することに期待されている。

「国際観光旅客税」は、より快適な旅行のための環境整備などに使用される。観光案内や標識の多言語対応、Wi-Fi整備、税関手続きの加速、日本の新たな観光ルートの開拓などに充てられる。

京都では2018年秋から宿泊税の課税が開始する。税率は宿泊料金によって異なる。使い道は、観光開発やインフラ近代化などになる見込み。

なお2017年に日本を訪れた外国人旅行者は2900万人で、うち約700万人が中国人旅行者だった。

関連記事

タグ
五輪, 旅行, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント