09:20 2018年05月24日
東京+ 17°C
モスクワ+ 13°C
    無人機「MQ-9 Reaper」(アーカイブ)

    日本で5月に米国の海上偵察用無人機の試験

    © 写真: U.S. Air Force / Richard Lisum
    日本
    短縮 URL
    0 17

    長崎県壱岐市で5月、米国の海上偵察用無人機の試験が行われる。無人機は米国の無人航空機メーカー「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社が開発した「ガーディアン」。

    スプートニク日本

    「ガーディアン」が日本国内を飛行するのは初めてで、海洋観測や海難救助など平和利用を目的とした試験を行うという。

    ガーディアンは全長11メートルで、航続時間は最長40時間。

    試験期間は3週間で、1回あたり5時間の飛行を10回程度行うという。

    タグ
    軍事, 無人機, 日本, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント