08:24 2018年11月13日
ジブリアニメのテーマパーク、2022年度までに愛知で開業へ

ジブリアニメのテーマパーク、2022年度までに愛知で開業へ【写真】

CC BY-SA 2.0 / Wei-Te Wong / 三鷹之森吉卜力美術館
日本
短縮 URL
0 30

宮崎駿監督の映画をモチーフにしたテーマパークが、2022年度までに愛知県で誕生する。テーマパークの基本デザインがスタジオジブリによって提供され、愛知県のウェブサイトに掲載されている。

スプートニク日本

新たなテーマパークは、名古屋市に近い長久手市にある「愛・地球博」記念公園に整備され、アトラクションやカフェを備えた幾つかのエリアに分けられる。 とりわけ、『となりのトトロ』、『ハウルの動く城』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『魔女の宅急便』など、宮崎監督の人気アニメ作品をモチーフにしたエリアの整備が予定されている。

​また、スタジオジブリそのものをテーマとする独立したエリアもつくられる。このエリアには、展示室や映像展示室、子供の遊び場が整備される。

関連ニュース

「ジブリ飯」を再現!食べてみたかったジブリのご飯にファンたちが感動

ロシア人イラストレーター、初音ミクを聴き、宮崎駿監督のアニメからインスピレーションを受けながら、人物を列車に見立てた絵を描く

タグ
アニメ, 文化, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント