10:51 2018年11月19日
「いずも」型空母化の想定調査、米軍後方支援が目的

「いずも」型空母化の想定調査、米軍後方支援が目的

© AP Photo / Eugene Hoshiko, File
日本
短縮 URL
3313

海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の空母化を想定した調査が、米軍の後方支援を目的としていたと、朝日新聞が報じている。甲板で米軍のF35B戦闘機の発着艦などを想定しているという。

スプートニク日本

いずも型を建造した「ジャパンマリンユナイテッド」社に対し、防衛省がヘリコプター搭載型護衛艦の能力向上に関する調査研究を委託。同社が防衛省に提出した報告書が27日に公表された。報告書によると、防衛省は調査の前提条件として、いずも型による「米軍の後方支援実施」を目的とすることを明示しているという。

NHKによると、護衛艦「いずも」と「かが」を対象に行われた調査では、運用の具体例として、米軍のF35Bが共同訓練やトラブルなどで発着する場合を想定したとされている。

調査結果には護衛艦を空母に改修するための技術の情報も含まれているが、防衛省は、今回はあくまでも調査研究が目的で、空母への改修を具体的に検討したものではないとしている。

関連ニュース

米F35にロシア起源の報道

ロシア第5世代戦闘機の着地が撮影される【動画】

タグ
自衛隊, 日米関係, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント