15:07 2018年11月19日
音楽会

TOKIO記者会見 音楽活動は白紙に戻す

© Fotolia / Olgavisavi
日本
短縮 URL
440

日本の人気アイドルグループ「TOKIO」のメンバー、山口達也さん(46)が未成年に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった。同事件を受け2日、TOKIOの残るメンバー4人が記者会見を開いた。

スプートニク日本

4人は深々とお辞儀をして謝罪した。メンバー5人での話し合いで、山口はTOKIOを辞めると述べ、辞表を渡したが、リーダーの城島茂さんが辞表を預かり、今後の活動に関する結論は出さなかったという。

​なおTOKIOは来年デビュー25周年を迎えるが、音楽活動は白紙に戻すことが明らかとなった。

山口さんは今年2月に女子高生を自宅マンションに呼び出し、無理やりキスするなどの行為をしたとして強制わいせつ容疑で書類送検された。山口さんは4月26日に記者会見を行い、謝罪、芸能活動を無期限で謹慎すると発表した。

なお被害者側とは示談が成立しており、被害届も取り下げられたという。

関連ニュース

世界最大のリベンジポルノサイトが閉鎖

バチカンの会計担当者、セクシャルハラスメントの容疑で裁判

タグ
セクハラ, スキャンダル, 音楽, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント