13:23 2018年06月21日
セクハラの試み(アーカイブ、イメージ)

日本の女性ジャーナリストたちが、セクハラ被害を明かす

© Depositphotos / Ake1150sb
日本
短縮 URL
157

世論調査の結果、日本のマスコミで働く数十人の女性が、性的嫌がらせを1回以上受けていたことがわかった。英ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

女性記者に対するセクハラ発言で日本の財務省官僚が辞任した後、世論調査が実施され、女性ジャーナリスト35人が受けた150件のセクハラが明らかになった。世論調査によると、うち約40%が職場で起こり、3分1が議員、役人、警察官によるものだった。

地方紙のリポーターとして働いている女性は、警察官から一度ならず「場にそぐわないコメント」を受けたことを明らかにした。またこの女性は、このような警察官の行動を見ていたにもかかわらず、同僚はそれを止めさせるために何もしなかったと指摘した。

日本では、職を失ったり、あるいは犠牲者から罪人になる恐れから、セクハラ反対運動「#Metoo」はゆっくりと人気を得た。また安倍首相は、働く女性の権利の闘士であるにもかかわらず、この件について未だに公の場でコメントしていないという。

タグ
事件, 世論調査, セクハラ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント