08:22 2018年06月24日
【サンクトペテルブルク共同】ロシア訪問中の安倍晋三首相は25日午後(日本時間同日夜)、サンクトペテルブルクでの国際経済フォーラムで演説し、自身とロシアのプーチン大統領との信頼関係強化を通じた平和条約締結に意欲を示した。「私たちは歴史の潮目に立っており、なすべき努力ははっきりしている。平和条約を締結し、両国間に永続的な平和と安定を築き上げる」と述べた。

首相、ロとの平和条約締結へ意欲 「両国間に永続的平和と安定を」

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
日本
短縮 URL
31110

【サンクトペテルブルク共同】ロシア訪問中の安倍晋三首相は25日午後(日本時間同日夜)、サンクトペテルブルクでの国際経済フォーラムで演説し、自身とロシアのプーチン大統領との信頼関係強化を通じた平和条約締結に意欲を示した。「私たちは歴史の潮目に立っており、なすべき努力ははっきりしている。平和条約を締結し、両国間に永続的な平和と安定を築き上げる」と述べた。

スプートニク日本

北方領土問題を念頭に、首相は「互いに勇気を振り絞り、あらゆる困難を超える」と強調。「(プーチン氏と)全力を込めて日ロ関係を動かす決意だ」と語った。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

安倍首相、クリル諸島が対立の象徴から協力の象徴に変わること期待

タグ
安倍晋三, ウラジーミル・プーチン, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント