15:15 2018年06月21日
中曽根元首相(アーカイブ)

中曽根元首相、100歳迎える 憲法改正にコメント

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
4320

中曽根康弘元首相は27日に100歳の誕生日を迎え、コメントを発表した。日本の諸メディアが報じる。

スプートニク日本

この中で中曽根氏は、これまでの人生を振り返り、自らの信条を語り、支援に感謝した。さらに、「政治家は常に歴史法廷に立つ被告人である」との考えを示した。

さらに、「私は政治家となって以後、一貫して憲法改正を訴えてきましたが、国家の青写真とも言うべき憲法は国の将来を考える上でも重要なテ一マです」とした上で「政治は与野党を問わず、国民世論の喚起と共に真に国民参加となる憲法の実現を目指し、国家の基本たるこの課題に真剣に取組んでゆくことを期待しています」と国民参加に寄与するような憲法改正の重要性を示した。

中曽根氏は100歳を超えた元首相として2人目。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント