06:53 2018年09月26日
菅官房長官

菅長官 米国の追加関税は世界市場にカオスを呼ぶと批判

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
116

日本は米国のアルミニウム、スチール輸入に対する新関税導入で世界経済がカオスに陥るのではないかと憂慮している。4日、日本の菅官房長官はこうした憂慮を表した。リアノーボスチ通信が報じている。

スプートニク日本

菅長官は記者団を前に米国の新関税導入を「さまざまなレベルで日本の懸念を米国に説明してきたにもかかわらず、事態が改善しないことは極めて遺憾だ」と批判し、米国政府の大規模な保護貿易主義的措置が世界市場にカオスを引き起こしかねないと懸念を表した。リアノーボスチ通信が報じた。

菅長官は、安倍首相はワシントンおよびカナダでのG7サミットの場で、いかなる貿易措置もWTOの合意に基づいて採られるよう最善を尽くしていく日本の立場を米国に訴えると指摘している。
米政府は5月31日、カナダ、メキシコ、欧州連合(EU)に対し鉄鋼・アルミニウムの輸入品に対する追加関税を導入すると発表した。追加関税は6月1日から発効している。税率は鉄鋼が25%、アルミニウムが10%。

関連ニュース

米国、輸入車関税引き上げ検討にトヨタが抗議 米経済への貢献を訴え

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント