01:44 2018年10月20日
東京、経済的リスクが最も大きい都市に認定

東京、経済的リスクが最も大きい都市に認定

© Sputnik / Natalia Seliverstova
日本
短縮 URL
268

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に地理的に近いことが、東京を経済生産高における損失リスクが最も大きい都市にしている要因の一つとなっている。このような計算が、ロンドンにある保険市場「ロイズ」で行われた。

スプートニク日本

ロイズは、域内総生産の合計が35兆ドルになる279都市の経済的リスクに関するデータを挙げた。これらの全都市を合わせると、国際紛争や台風、地震、サイバー攻撃などといった様々な性格の22の脅威を念頭に、年間でおよそ5470億ドルを失うリスクがあると発表されている。ロイター通信が短く伝えた。

挙げられたデータによると、東京は国際紛争の危険性が原因で、年間240億ドルを失うリスクがある。このことは、北朝鮮の核問題が理由となって引き起こされた、地域における高度な緊張状態によって説明されている。日本の首都の安定性が脆弱であることは、国内で防衛上の要求に割り当てられる資金が比較的少ないという点にもあると、ロイズ保険組合のブルース・カーネギーブラウン会長は説明している。

2位は年間150億ドルの損失リスクがあるニューヨーク。同市の域内総生産にとって主要な脅威となっているのは、株式市場暴落の可能性だ。シカゴやサンフランシスコ、トロントなど、リストに入った北米の他の都市も似たような脅威にさらされている。

3位には、台風が原因で130億ドルを失うリスクがあるマニラが入っている。

関連ニュース

所有者不明地、公益利用へ 知事判断で10年使用権

タグ
日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント