05:57 2018年10月20日
沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」

日本、エトロフ島でのロシアのミサイル訓練計画に遺憾=マスコミ

© Sputnik / Sergey Pivovarov
日本
短縮 URL
266

日本は、ロシアが6月18~21日にエトロフ島でミサイル訓練を行う意向を受け、ロシアに遺憾の意を伝えた。読売新聞が消息筋の情報として報じた。

スプートニク日本

読売新聞によると、ロシア側は14日、日本の海上保安庁にエトロフ島でミサイル発射訓練を行うと通告し、日本は15日、在ロシア日本大使館を通じてロシア外務省に「我が国の立場と相いれず、遺憾だ」と抗議したという。

  • 沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    © Sputnik / Igor Zarembo
  • 沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    © Sputnik / Igor Zarembo
  • 沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」
    © Sputnik / Igor Zarembo
1 / 3
© Sputnik / Igor Zarembo
沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」

なおロシア外務省は、これはロシアの内政問題であると指摘した。また海上保安庁は、「周辺海域を航行する船舶に注意を呼びかける航行警報を出した」という。

読売新聞は、訓練では2016年にエトロフ島に配備された沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」が使用される可能性があるとの見方を示している。

関連ニュース

択捉島ヤースヌィ空港の軍民共用化は日露両国にとって何を意味するのか?

日本がロシアに見出すのは戦略的な関係、或いは脅威をもたらす存在か

タグ
露日関係, 軍事演習, 武器・兵器, ロシア軍, クリル諸島, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント