23:03 2020年06月01日
日本
短縮 URL
224
でフォローする

日本政府は19日、自殺対策白書を決定し、SNSなどでの自殺を誘うような投稿を削除のほか、自殺願望をインタネットに書き込む若者を支持するなどを取り組む必要があると指摘した。NHKが伝えた。

スプートニク日本

日本では昨年に自殺した人数は2万1千人で、8年連続で減少している。一方、20歳未満の中、自殺の割合は平成10年以降、ほぼ変更しないという。若者への支持や相談は課題になっている。

白書上では、インターネットで自殺を誘うような投稿を削除する対策を強化したとしたうえで、自殺願望をインターネットに書き込む若者が、相談や支援を受けられるよう体制を整備する必要があるなどと指摘している。

関連ニュース

成人年齢引き下げ 日本の若者は早く大人になろうとしていない

タグ
自殺, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント