11:36 2018年07月20日
カザフ刑務所 囚人が日本語勉強へ

カザフ刑務所 囚人が日本語勉強へ

© Fotolia / Pixs4u
日本
短縮 URL
0 50

カザフスタンのパヴロダルスクにある厳重規則矯正収容所で、新たな教育プロジェクトが立ち上げられた。このプロジェクトにより、受刑者らは様々な教科に関する知識を得ることができるようになるとの、リナト・クダバエフ所長の話が伝えられている。

スプートニク日本

クダバエフ所長は、刑務所の扉を開く日にあたって受刑者の親戚らに対し、「我々は囚人たちのために教育を受けられる契約を締結した」と語り、「現在は短期間の講義だが、今後高等教育も提供を始める。希望者は、スカイプの映像通信機能を利用して教師と連絡を取りながら、オンラインで教育を受けることができるようになる。例えば、既に現在、囚人たちは日本語の基礎的な知識を得ることができる」と述べた。

2~3カ月続く日本語学習講義の価格は、3千テンゲ(およそ1千円)となる。

提供される他の科目の中には、カザフスタン史やカザフスタンのジャーナリズム史、生物物理学さえある。これらの講義の価格は5千テンゲ(1600円)を上回ることはない。講義修了者はしかるべき証明書を受け取る。告示がなされたのが最近であるにもかかわらず、所長の話では、既に15人が登録している。

関連ニュース

ロシアの科学について日本語で 日本で新たな露日専門誌が出版

タグ
おもしろい, 文化, カザフスタン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント