02:25 2018年09月21日
日本 訪問看護者の半数が心身ハラスメントを経験 全国調査で明るみに

日本 訪問看護者の半数が心身ハラスメントを経験 全国調査で明るみに

CC0
日本
短縮 URL
0 16

訪問看護は一人で利用者宅に行くリスクがあり、専門家は「安全対策が必要」と指摘。協会は予防策や対応をまとめた本を作るなど取り組みを進める。

スプートニク日本

日本の訪問看護ステーションの事業体「全国訪問看護事業協会」が全国調査をした結果、訪問看護師の半数が利用者や家族から心身の暴力、セクハラを受けていた実態が明るみになった。

アンケートには看護師1万1160人の約30%が回答。それによれば精神的な言葉による暴力が一番多く、殴られるなど身体的暴力を受けた場合、その97%が管理者や同僚に相談していた。またアダルトビデオを流されたり、体を触られるなどの性的な嫌がらせも報告されている。

訪問看護は通常1人で利用者を訪ねるため、ハラスメントから自衛するのは難しい。「全国訪問看護事業協会」は調査結果を基に、予防策、対応をまとめた本作りなどの対策を講じる。

訪問看護のトラブルの実態調査実施が決められたのは昨年秋。全国訪問看護事業協会が実態把握を把握し、これを基に手引書やガイドラインを作ることを目的としたもの。これに先立って2015年から2016年にかけて神戸看護大のグループが兵庫県内で行った調査でも約半数が「暴力を受けたことがある」と回答していた。このことから全国でも同様の例があるとの疑いがもたれていたが、その予測が今回の調査で当たっていたことが明らかになった。

ロシアでは買い物など生活上の細かな手伝いをするヘルパー派遣は頻繁に行われているが、訪問看護システムは日本に比べれば、そこまで広範に行われておらず、未発達。

関連ニュース

カザフ刑務所 囚人が日本語勉強へ

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント