05:13 2018年07月19日
久子さま、エカテリンブルク入り セネガルとの試合前に

久子さま、エカテリンブルク入り セネガルとの試合前に

© 写真: Press service of Ekaterinburg eparchy
日本
短縮 URL
0 61

日本サッカー協会の名誉総裁でもある高円宮妃久子さまがサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表を激励するためエカテリンブルクを訪れた。23日には血の上の教会を訪れたほか、一連の文化行事に参加する予定。エカテリンブルク教区が発表した。

スプートニク日本

「殿下に対して教会のツアーが行われ、皇帝家族の歴史と人生の最後の日々にウラルにロマノフ家の人びとが滞在したことについて語られた。」

これより前、久子さまが22日にエカテリンブルク入りしたとの報道があった。久子さまは24日に行われる日本対セネガルの試合観戦に訪れる。

関連ニュース

久子さま、露についてできるだけ多くの日本人に話す予定

久子さま、サランスクでのW杯試合に向けサッカーボール形のイヤリングと指輪着用

タグ
文化, 露日関係, 2018年のロシアW杯, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント