15:00 2018年10月19日
相撲(アーカイブ)

救命に土俵の女人禁制は時代遅れ 女性の救命処置で一命をとりとめた舞鶴市長が公務復帰

© Sputnik / Nataliya Seliverstova
日本
短縮 URL
185

4月初め、大相撲春巡業の土俵で挨拶中にくも膜下出血で倒れ、看護婦の救命処置で一命をとりとめた舞鶴市の多々見市長が公務に復帰した。

スプートニク日本

市長に救急措置を講じようと、数名の女性が女人禁制の土俵に駆け上がり、それを制するアナウンスが流されたことから、この一件は日本の世論を揺るがすセンセーショナルに発展してしまった。

多々良市長は公務復帰の記者会見を行った中で、救命処置が最優先と土俵の上の女人禁制について「今の時代に通用しない」と語った。

連記事

タグ
スポーツ, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント