13:16 2018年07月19日
日本

やじの自民穴見議員、文書で謝罪 がん患者「自分の口で説明を」

日本
短縮 URL
205

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中、自民党の穴見陽一氏(48)が参考人のがん患者にやじを浴びせた問題で、穴見氏が謝罪文書を患者本人に送っていたことが29日、分かった。

スプートニク日本

騒動以降、穴見氏は公の場に姿を見せておらず、法案も掘り下げた議論がないまま7月にも成立する見通しだ。患者側は「穴見氏は自分の口で説明し、命に関わる法案をより真摯に議論してほしい」と訴えている。

謝罪文書を受け取ったのは、日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さん(47)。文書は25日付で、穴見氏は「喫煙する機会が狭められていくことへの思いが出てしまった」などとわびた。

​(c)KYODONEWS

タグ
スキャンダル, ガン, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント