06:24 2018年07月20日
オウム真理教の麻原死刑囚 遺骨は四女へ 太平洋上の散骨が提案

オウム真理教の麻原死刑囚 遺骨は四女へ 太平洋上の散骨が提案

© AFP 2018 / Toshifumi Kitamura
日本
短縮 URL
0 24

先日死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃元代表、本名松本智津夫囚の四女で、死刑囚が遺骨の引き取り手として指定していたとされる、ペンネーム松本聡香(さとか)氏は太平洋上での散骨を提案している。NHKが報じた。

スプートニク日本

松本智津夫囚の死刑は7月6日に執行され、9日には火葬が済まされている。

四女の松本聡香氏は教団とは決別し、両親とも縁を切っているものの、遺骨の引き取り手として指定されたのは松本聡香氏だった。

これについて松本聡香氏は9日、代理人の滝本太郎弁護士のブログを通じ、松本智津夫囚の指定には驚いたものの、父親の最後の願いであるため、その遺志を遂行することを決めたという声明を表している。

松本聡香氏は親族および信者に対し、松本智津夫囚の遺志に同意するよう呼びかけるとともに、遺骨を太平洋上で散骨することを提案した。

2016年9月20日、ロシア最高裁は「オウム真理教」をテロ組織と認定し、ロシアでの活動を禁止した。

関連ニュース

有田氏「オウム問題終わらない」 長年取材、改めて検証求める

教祖死刑でも「危険体質」に変わりなし 公安がオウム関連施設に立ち入り検査

タグ
オウム真理教, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント