23:42 2018年09月21日
豪雨被災地、感染症に注意

豪雨被災地、感染症に注意

© AFP 2018 / Martin Bureau
日本
短縮 URL
2018年西日本豪雨 (48)
111

西日本を中心に襲った豪雨の被災地でゴミの片付けや瓦礫の撤去作業が開始したが、日本の各紙は感染症の危険性に注意を促している。

スプートニク日本

ウェザーニュースによると、豪雨と夏の暑さにより衛生環境が悪化していることに加え、精神的・肉体的疲労から通常より免疫機能が低下している人が増える。

さらに日本環境感染学会は、破傷風を防ぐためかすり傷でも負わないよう長袖や厚手の軍手をつけて肌の露出を避けるよう推奨。さらに、土埃とともにレジオネラ菌を吸い込まないためマスク着用も勧めている。

また、作業中や避難所での生活で熱中症にならないよう、水分補給を心がけるよう呼びかけている。これに加えて毎日新聞が伝えるところ、密集した普段より衛生環境の悪い状況で、手洗いの徹底やタオルの共有禁止なども必要だという。

関連ニュース

日本での水害犠牲者、200人に 数十人が行方不明

国、豪雨被災者に7万1千戸確保 廃棄物処理に財政支援

トピック
2018年西日本豪雨 (48)
タグ
災害, 豪雨, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント