01:20 2018年08月19日
国会(アーカイブ)

日本国会 内閣不信任案を否決

© AP Photo / Shuji Kajiyama
日本
短縮 URL
3614

日本の国会は野党の用意した内閣不信任案を否決した。NHKが報じた。

スプートニク日本

内閣不信任案は、国会の議席の大半を占める自民・公明両党の反対にあうことは必至であったため、当初から可決される可能性は全くなかった。

これより前、野党6党は国会に内閣不信任案を提出したと報じられていた。不信任案を提出する理由について、立憲民主党の枝野代表は20日の衆院本会議で森友・加計学園問題など7点を列挙、本政権の不祥事の責任を問うた。

内閣不信任案は提出されても可決の見込みは皆無であったため、7月22日の会期末を目前に控え、野党が選挙民に存在を印象付けることが狙いと推測されている。

関連ニュース

日本人の半数超が、安倍内閣を支持せず 世論調査

タグ
国会議, 安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント