01:19 2018年08月19日
忍者(アーカイブ写真)

日本、深刻な忍者不足 高給料に関わらず

© Fotolia / Vantherra
日本
短縮 URL
83817

日本では十分な給料を提案しているにもかかわらず、忍者探しに苦しんでいる。伊賀の岡本栄市長によると、忍びの仕事で年収2万3000ドル(256万3235円)から8万5000ドル(945万2825円)を得ることが可能。これは、中世日本で本物の忍者が稼いでいた額を上回っている。newshubが報じた。

スプートニク日本

忍術発祥の地とされる伊賀市には、毎年開催されるニンジャ祭りのために数千人の観光客が訪れる。

しかし、忍者になりうる若年層の多くは地方である同地から移住する。昨年、千人が町を去る一方で、忍者になるため市に移住したのは43人だった。

伊賀の岡本栄市長は、忍者という遺産が毎年恒例のお祭りに国内外からさらに多くの人を呼び込むことを期待している。

また、日本は失業率が低いため、給料にも関わらず忍者を見つけることが難しい。

先に、三重県伊賀市が忍者を募集しているとされた報道が「フェイクニュース」だったことが判明した。

関連ニュース

タグ
びっくり, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント