04:58 2018年08月22日
伊賀流忍者

「日本で忍者不足」の偽ニュースで就職希望者が殺到

© AFP 2018 / MIKE CLARKE
日本
短縮 URL
136

忍者として自分を試してみたいと希望する外国人らが寄せた大量の申し込みに、伊賀市長はひどく驚いている。先に、世界中の多くの英語ウェブサイトに、「伊賀市での深刻な忍者不足」に関するニュースが現れた。

スプートニク日本

人員不足が原因で、忍者の給料が上昇さえしているとも伝えられていた。最低限の戦闘能力を持つ名人は、2万3千米ドル(260万円)から8万5千米ドル(940万円)の給料を当てにできるとされたのだ。

忍者の腕前を披露するための名人が伊賀で不足しているとの噂は、日本の忍者の歴史に名を留めるために、紹介された機会を利用したいと願う人々の波を引き起こした。伊賀市には既に、14カ国から120人の志望者が電話を寄せた。年間の給料が8万5千ドル(940万円)の高度な忍者の職を得たいと希望した志望者の1人は、自らが「黒帯」を有していると急いで述べた。

三重県の伊賀市は、かつてまさにここに、日本で最も有力な忍者氏族「伊賀衆」が存在していたことで有名。自らの姿を消すことができる戦士に対する崇拝が、ここでは非常に深く根付いているため、ある地元大学の学生らは自身の権威を高めるため、忍者の歴史と慣習の知識を問うテストを受けてさえいる。

関連ニュース

「高給で忍者募集」報道、偽ニュースと判明

ロボットは僧侶の代わりになるか?

タグ
歴史, 文化, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント