20:38 2018年11月22日
日本

自民・石破氏、挑む姿勢強調 「反軍演説」斎藤氏の記念館で

日本
短縮 URL
0 43

自民党の石破茂元幹事長は28日、兵庫県豊岡市で、戦前の帝国議会で軍国主義に反対する「反軍演説」をした斎藤隆夫元衆院議員の記念館を訪れ、反骨精神あふれる政治家だった斎藤氏に共感を示した。

スプートニク日本

9月の党総裁選をにらみ、斎藤氏に自身を重ね合わせ、連続3選を期す安倍晋三首相に挑んでいく姿勢をアピールした格好だ。

記念館訪問後に「どんなに批判されても言わないといけないことを、きちんと言う政治家が、この国にいた。(自分も)そうありたい」と記者団に述べた。

斎藤氏は1940年2月、代表質問で日中戦争の意義に疑問を投げ掛け、軍部の怒りを買って衆院議員を除名された。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

首相、県議らと相次ぎ面会 地方票狙い、石破氏は視察

豪雨対策、自民総裁選に急浮上 石破氏「防災省」を主張

タグ
武器・兵器, 軍事, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント