10:10 2018年08月20日
日本 「イージス・アショア」の導入費用、2基で2680億円に

日本 「イージス・アショア」の導入費用、2基で2680億円に

© 写真: U.S. Missile Defense Agency
日本
短縮 URL
2113

日本の小野寺防衛相は30日、防衛省が2023年度の運用開始を目指す地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について、米ロッキード・マーチン社製の最新鋭レーダーを搭載すると発表した。

スプートニク日本

「イージス・アショア」に搭載するレーダーとして選定されたのは、ロッキード・マーチン社製の「SSR」。

防衛省は2基を導入する計画で、レーダーを含めた「イージス・アショア」1基の導入費用は1340億円となるため、2基で2680億円にのぼるという。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント