17:06 2018年08月21日
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」

枝野氏、地上イージス見直しを 費用高騰で

© Flickr/ U.S. Missile Defense Agency
日本
短縮 URL
194

立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の取得費が当初の想定を上回る1基約1340億円になると発表したことに関し、導入を見直すべきだとの考えを示した。「費用に見合う効果があるのか、ゼロベースで見直すのは当然だ」と述べた。

スプートニク日本

国民民主党の玉木雄一郎共同代表は会見で「全体像がよく分からない。付随する経費が、さらに出てくるのではないか」と批判した。配備候補地である秋田、山口両県の理解を得る努力を怠っているとの認識を示した上で「国会でしっかり議論し、導入の是非を決めるべきだ」と語った。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

イージスの照準はロシアではない 日本の防衛相がショイグ露国防相に確約

イージス・アショア配備に高まる疑念:住宅地が攻撃されない根拠はどこに?

タグ
軍事, 武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント