18:48 2018年08月21日
ザギトワの犬ザギトワの犬

ザギトワに贈呈された秋田犬のきょうだい、日本で就職へ【写真】

© 写真 : Sputnik / Anastasia Fedotova © 写真 : Sputnik / Anastasia Fedotova
1 / 2
日本
短縮 URL
0 30

ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)に贈呈された子犬「マサル」のきょうだいに当たる秋田犬の子犬「勝大(しょうだい)」が、秋田県の大館市にある「秋田犬ふれあい処」で活動を始めると、リア・ノーヴォスチ通信東京支社の奈加・クセーニヤ特派員が伝えている。

スプートニク日本

同じ日に同じ両親から生まれ、「秋田犬ふれあい処」の職員の一人の家族の一員になったオスの「勝大(しょうだい)」は、マサルのお陰で日本人の間で人気が2倍になった同施設で訪問客らを「迎える」ことになる。訪問客は、犬をなでて一緒にしばらく遊ぶことができる。

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した「ロシアからの五輪選手(OAR)」のアリーナ・ザギトワ選手は、優勝した場合には秋田犬を飼うことを許すよう両親に頼んでいた。男性の名前である「マサル」と名付けられた秋田犬の女の子は5月、秋田犬保存会からザギトワ選手に手渡された。マサルのザギトワ選手への贈呈式には安倍首相も出席した。

​関連ニュース

ザギトワ選手、自らの犬の訓練を公開

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, ペット, 動物, アリーナ・ザギトワ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント