20:54 2018年09月19日
鉄道

日本、シベリア鉄道を利用した貨物輸送を望む=マスコミ

© Sputnik / Igor Ageyenko
日本
短縮 URL
0 150

ロシアと日本は、両国間の「航路と空路に続く『第3の物流ルート』を活性化」させるために、シベリア鉄道を利用する計画。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

消息筋によると、露日両首脳が出席するロシアのウラジオストクで9月11日から13日に開かれる東方経済フォーラムの前後に、シベリア鉄道を利用した貨物輸送の実証実験が行われる。

読売新聞によると、実証実験には日本の物流業者など5~10社が参加する見込み。

現在、露日間の貨物輸送は主に空路(高コスト)あるいは航路(53日から62日)で行われている。

専門家らは、シベリア鉄道を利用した貨物輸送は企業のコストを最大40%削減し、輸送日数も約20~27日まで短縮されるとの見方を示している。

関連ニュース

サハリン―北海道橋 メリットは?

三井物産とガスプロム、「ウラジオストクLNG」建設を2020年に開始へ

タグ
露日経済協力, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント