05:24 2020年08月16日
日本
短縮 URL
0 48
でフォローする

日本は空飛ぶ車開発を推進し、今後10年間で空飛ぶ車を国内で開発する政府主導グループに、Uber Technologies社やボーイング社などが参加する予定だ。

スプートニク日本

ブルームバーグが24日の経産省の発表を基に報じるところ、開発グループは当初、エアバスSE、NEC、トヨタ自動車が支援するスタートアップ企業「Cartivator」、ANAホールディングス、日本航空、ヤマトホールディングスを含む21の企業と団体からなる予定。今年中にロードマップ作成を助けるため、8月29日に代表団が集まる。

政府は、受け入れ可能なルールの作成など、空飛ぶ車の概念の実現に役立つ適切な支援を提供すると同省は明らかにした。

混雑した道路を素早く移動できるフライング・カーは、多くの人々が考えるよりも現実に近い。世界中のスタートアップは、最近まではSFだけの存在だった小型飛行機開発を追求している。日本の企業がすでに電気自動車や自動運転車で世界の後追いする状況なので、政府は航空機技術の緊急性を示し、リーダーシップを得るための法制化とインフラ整備を進めている。

日本政府の航空経営研究所の橋本研究員は、政府が安全基準を設定し、調整を進める必要があるとした上で、他の国々より先に業界のトーンを設定しようとしていると述べた。

世耕弘成経産相は、今月の記者会見で、空飛ぶ車は都市の渋滞を和らげ、災害時に遠隔地の島や山岳地帯での輸送を助けるほか、観光産業に利用できると語った。

関連ニュース

くねくねと龍のごとく飛行 東大が空中アクロバットのできるドローンを開発【動画】

ロシア製新型「空飛ぶレーダー」の性能が明らかに【動画】

タグ
, 航空, 研究, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント