15:56 2018年12月14日
客乗せ自動運転タクシー、テスト走行を東京で開始

客乗せ自動運転タクシー、テスト走行を東京で開始【動画・写真】

© REUTERS / Toru Hanai
日本
短縮 URL
0 02

自動運転タクシーが乗客を乗せ、公道を走る実験が27日、都内で始まった。日本政府は2020年東京五輪・パラリンピックまでに無人タクシーの実用化を目指す。

スプートニク日本

車の自動運転システムを開発する「ZMP」社とタクシー大手、日の丸交通は9月8日まで実験を続ける。

​交通量の多い、大手町と六本木の公道を走る。

​ルートは約5,3キロ。タクシーには、非常事態が起きた場合に手動運転に切り替えるため、ドライバーと補助者が同乗する。運賃は片道1500円で、支払いはスマートフォンで行う。

関連ニュース

ロシア製自動運転車、モスクワ―カザン間800km走破

エアバス、「空飛ぶタクシー」の初飛行を公開

タグ
クルマ, テクノ, ロボット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント