01:36 2018年11月21日
インスタントラーメン

日本でのインスタントラーメン発明から60年

© Flickr/ Stefan van Bremen
日本
短縮 URL
120

60年前の日本で、即席麺が発明された。日本のSNSユーザーらは、この真に偉大な発明を実現した人物を思い起こして、この記念日を祝った。

スプートニク日本

このような麺を1958年に発明したのは、台湾系日本人の安藤百福氏。戦後数年にわたった食料不足と企業家としての勘が、安価で素早く調理できる普遍的な料理の構想を、安藤氏に示唆することになった。

​安藤氏は、遂に天才的調理法を発明するまでの長い間、麺を調理する実験を自宅で行い続けた。

安藤氏は麺に鶏肉ブイヨンを吹き付けて油で軽く揚げ、その後に乾燥させた。

こうして、即席麺「チキンラーメン」が発明された。安藤氏の会社「日清食品」は間もなく、チキンラーメンの大量生産をスタートさせた。

関連ニュース

中国のシェフが、針穴に通せるほど細い麺をつくる

タグ
科学, 食品, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント