09:28 2018年09月22日
イージス・アショア

小野寺防衛相 イージス・アショア配備先 秋田、山口県案を見直す可能性を示唆

© 写真 : U.S. Army Corps of Engineers Europe District
日本
短縮 URL
0 312

日本の小野寺防衛相は、米国の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田県、山口県に配備するという当初の計画を見直す可能性を示した。小野寺防衛相は東京での記者会見でこれを明らかにした。

スプートニク日本

小野寺防衛相は配備地域について、秋田、山口両県の「県外も入る」と述べ、両県の周辺地域も対象となる可能性を示した。

小野寺防衛相はまた、秋田、山口両県での調査は3か月後ないしはその後に開始される予定であることも明らかにしている。

関連ニュース

イージス・アショア配備に高まる疑念:住宅地が攻撃されない根拠はどこに?

日本、防衛白書2018年版を公表 その基本姿勢

タグ
武器・兵器, 軍事, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント