00:32 2018年12月13日
野田聖子氏(アーカイブ)

野田氏が出馬断念の意向 自民総裁選、31日に会見

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
日本
短縮 URL
0 24

野田聖子総務相は30日、自民党総裁選への立候補を断念する意向を固めた。31日に記者会見を開いて正式表明する。関係者が明らかにした。自身に関係する情報公開請求の漏えい問題も影響し、出馬に必要な国会議員20人の推薦人が集まらなかった。総裁選は首相と石破茂元幹事長による一騎打ちの構図が確定した。

スプートニク日本

野田氏は30日夜、小此木八郎国家公安委員長や浜田靖一元防衛相ら野田陣営の中心メンバーと東京都内のホテルで対応を協議した。現時点で集まった推薦人は10人程度でこれ以上の上積みは難しいと判断した。

野田氏は昨年から出馬の意欲を繰り返し示していた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

安倍首相「私の最後の総裁選」石破氏は遊説動画公開へ

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント