16:33 2018年09月23日
沖縄、普天間飛行場(アーカイブ)

沖縄・名護市議選の投票始まる 辺野古移設賛否が争点

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
0 0 0

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への賛否が争点の名護市議選(定数26)は、9日午前7時から市内17カ所の投票所で投票が始まった。即日開票され、10日未明に大勢が判明する見通し。30日投開票の知事選の前哨戦としても注目される。

スプートニク日本

辺野古移設容認、反対両派などが激しく争った選挙戦には、計32人が立候補した。内訳は、移設反対派が17人で、容認派や反対を明言しない候補らが合わせて15人。

移設反対派は、17人中12人が、安倍政権の支援を受ける渡具知武豊市長を不支持だが、公明党の2人は支持する。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

沖縄県知事選で初の討論会 佐喜真氏と玉城氏、基地で論戦

沖縄・名護市議選、激戦に 32人立候補、知事選に影響も

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント