09:54 2018年11月20日
菅官房長官

プーチン大統領「平和条約締結を年内に」提案に 日本政府「四島帰属の解決が先」 ロシアは交渉「即刻行える」

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
東方経済フォーラム2018 (43)
1312

菅官房長官は12日の記者会見でプーチン大統領が東方経済フォーラムで露日の平和条約について、前提条件をつけず年内に締結する提案を行ったことについてコメントし、発言については承知しているものの、コメントは控えると述べた。

スプートニク日本

菅長官は、10日の日ロ首脳会談では平和条約締結についてもきたんのない意見交換が行われたものの、前提条件なしに年末までに条約を締結するというプーチン大統領の発言があったとは日本政府としては承知していないと述べ、「いずれにせよ、政府としては北方四島の帰属の問題を解決して、平和条約を締結するという基本方針のもと、引き続き粘り強く交渉していきたい。その姿勢にかわりない」と従来の姿勢を貫くことを強調した。

一方でロシア外務省のモルグロフ次官はプーチン大統領の提案を受け、年内に交渉が行われるかとのロシアのマスコミからの質問に答え、「もちろん、できる」と答えた。

交渉の成立するのは何月になるかとの問いにモルグロフ外務次官は「我々としては(行う)準備はできているが、これは我々の日本の友人たちがどう準備できるかにかかっている」と答え、さらに「我々のほうは即刻行える」と強調した。

関連ニュース

プーチン大統領、東方経済フォーラムで「露日の平和条約を前提条件を一切設けず、年末までに締結しましょう」

露日、首脳会談後に一連の文書を交換

トピック
東方経済フォーラム2018 (43)
タグ
露日関係, 東方経済フォーラム, 菅義偉, 安倍晋三, ウラジーミル・プーチン, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント