14:11 2018年11月15日
沖縄、普天間飛行場(アーカイブ)

沖縄、辺野古争点に与野党対決 県知事選に4氏届け出

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
1 0 0

沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が13日告示され、新人4氏が届け出た。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を争点に、与野党が激しく対決する事実上の一騎打ちの構図。30日の投開票結果は政府の移設計画や、今後の日米関係に影響を与える可能性がある。

スプートニク日本

立候補を届け出たのはいずれも無所属で、移設を進める安倍政権が推す前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、反対を訴える自由党前衆院議員玉城デニー氏(58)ら4氏。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

首相、10月初旬の内閣改造検討 臨時国会は10月26日召集を軸

自民党総裁選の政策発表 改憲、政治手法で対決へ

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント