09:23 2020年08月13日
日本
短縮 URL
東方経済フォーラム2018 (43)
366
でフォローする

【ハノイ共同】河野太郎外相は13日、日ロ平和条約締結交渉の年内締結を求めたロシアのプーチン大統領の発言に関し「『条約を結ぼう』と向こうも思っているわけだから、文句を言う筋合いのものでは全くない」と述べ、問題視しない考えを強調した。ベトナム・ハノイで記者団に語った。

スプートニク日本

日本が「領土交渉」と位置付ける平和条約締結交渉については「確かに時間がかかる。交渉が大変だから、プーチン氏が焦るのはよく分かる」と強調。プーチン氏の発言はいらだちの表れだとの認識を示唆した。

これに関し、菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で「わが国の立場はロシア側も承知している」と述べた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

露日の平和条約を前提条件を一切設けず、年末までに締結しましょう=プーチン大統領

トピック
東方経済フォーラム2018 (43)
タグ
露日関係, 東方経済フォーラム, ウラジーミル・プーチン, 河野太郎, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント