19:31 2018年10月18日
中国の旗と米国の旗(アーカイブ写真)

みずほ銀行のアナリストらが、米中関係確立の可能性についてコメント=ガーディアン紙

© AP Photo / Vincent Thian
日本
短縮 URL
132

中国商務省の王受文次官は25日、米国が中国の「首にナイフを突きつけている」間は、米国との貿易交渉を行うのは困難であり、米国の行動は「貿易いじめ」だと指摘した。

スプートニク日本

米国は24日、中国製品に対する新たな関税を発動し、米中貿易戦争は悪化した。王氏は、貿易交渉の再開時期は「米国の意思」にかかっていると述べた。

みずほ銀行のアナリストらは、米中の論争についてガーディアン紙で見解を表した。

興味深いのは、現在の出来事による市場不安でアジアの株が25日、急落したことだ。

みずほ銀行のアナリストらは、中国側からの批判的発言は、問題に関する生産的な交渉の開始よりも、トランプ大統領が退陣する可能性のほうが高いと判断していることに関連していると指摘した。

「状況の進展具合を考慮した場合、両国の政治的雰囲気が大きく変わらない限り、米中が近いうちに交渉を再開することはおそらくない」

関連ニュース

中国商務省、米との貿易戦争が何をもたらすか説明

中国商務省「中露は米による制裁結果を共同で克服できる」

タグ
経済, 制裁, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント