14:36 2018年10月20日
安倍首相(アーカイブ写真)

首相、人事調整を本格化 石破氏は冷遇をけん制

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
0 39

安倍晋三首相は28日、米国訪問を終えて帰国した。10月2日の内閣改造・自民党役員人事に向け、二階俊博幹事長と官邸で会談し、党内調整を本格化させた。来年の統一地方選や参院選をにらみ、安定した布陣を目指す意向だ。石破茂元幹事長は東京都内で講演し、総裁選で自身を支援した議員を人事で冷遇すべきでないとけん制した。

スプートニク日本

首相と二階氏は約30分間、協議した。二階氏は記者団に「党内外のいろんな話をした。(人事は)首相が思う通りに行うことが大事だ」と述べるにとどめた。首相はニューヨークでの記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官を留任させると明言している。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

安倍首相、トランプ米大統領との首脳会談の成果を発表

安倍首相、露との平和条約の締結は何をもたらすか伝えた

タグ
安倍晋三, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント