16:31 2018年10月20日
サマータイム

日本 サマータイムでの東京五輪はなし 導入困難

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
180

2020年の東京五輪の暑さ対策として日本で導入検討の対象となっていたサマータイム(夏時間)が導入されない見通しとなってきた。27日に自民党の開いた導入に関する研究会で会幹部の遠藤元五輪担当相が導入は困難との見通しを示した。時事通信が報じた。

スプートニク日本

サマータイムは時計の針を数時間進めることで一日の開始が早めるため、省エネや経済効率のアップが期待される一方で、実際には導入している諸国では評価はさまざまで、体内時計が狂うことで子どもや老人が不調を訴えるなど、マイナス面も無視はできない。夏の気温がますます上がる日本では、2020年の東京五輪で猛暑による選手や観戦者の健康を心配する声があげられており、導入検討の対象になってきた。

初会合では異論が多くだされ、五輪時の実施は見送られる方向となった。会合後、遠藤氏は記者団に世論の反応とシステム上の困難さを合わせると導入は難しいと語った。

関連ニュース

通勤公務員を減らせ 日本がテレワーク推進に具体策 五輪までのラッシュ緩和も念頭に

サマータイム、27日に初会合 自民党、五輪暑さ対策で

タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント