11:44 2018年10月16日
トヨタ

トヨタ自動車が1カ月で2度目のハイブリッド車リコール

© Sputnik / Владимир Астапкович
日本
短縮 URL
0 21

トヨタ自動車は5日、ハイブリッドモデルのプリウスとオーリスが、ソフトウェアの誤動作により事故を引き起こしかねないことから、200万台を超えるリコールを発表した。

スプートニク日本

同社によれば、リコールの対象となる車両の総数は243万台に及ぶ。うち約94%は、ハイブリッド車両のプリウスとオーリス、そしてそれぞれのモデルチェンジタイプ。日本国内でのリコール台数が125万台ともっとも多く、その他にヨーロッパや中国、北米にも影響が広がっている。

プリウスのリコールは、1カ月の間ですでに2回目。9月5日に発表したリコールでは、火災発生の恐れによりプリウスなどハイブリッド車計100万台超が回収された。

関連ニュース

トヨタ、タカタ製エアバッグ問題後最大規模のリコールを発表

ソフトバンクとトヨタ自動車が新会社を設立

タグ
テクノ, クルマ, トヨタ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント