15:19 2018年12月17日
首相(アーカイブ)

首相、防衛力整備「未来の礎」 自衛隊の観閲式で訓示

© REUTERS / Issei Kato
日本
短縮 URL
2517

安倍晋三首相は14日、陸上自衛隊の朝霞駐屯地(東京都練馬区など)の朝霞訓練場での観閲式で訓示し、年末に予定する防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」見直しを巡り「これまでの延長線上ではない、数十年先の未来の礎となる防衛力のあるべき姿を示す」と強調した。「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。責任を果たす決意だ」と述べ、持論である憲法9条への自衛隊明記に改めて意欲を示した形だ。

スプートニク日本

防衛大綱で首相は宇宙、サイバー、電磁波の三つを挙げ「新たな分野で競争優位を確立できなければ、国を守り抜くことはできない」と訴えた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

日本政府、中朝ロ結束で情報収集 制裁緩和を警戒、米国と連携

安倍首相、自衛隊追悼式に出席 「殉職隊員の遺志受け継ぐ」

タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント