23:41 2018年11月20日
消費税増税

消費税増税 10%はそれほど高いか?

© AFP 2018 / Yoshikazu Tsuno
日本
短縮 URL
2120

安倍首相は15日、来年10月に消費税を10%に引き上げる方針を表明した。同時に、影響を緩和するため車や不動産購入の税を軽減する案も出ている。

スプートニク日本

ロシアでも増税はアクチュアルな問題だ。ロシアではその他諸国同様、消費税はやや異なる形態であり、付加価値税(VAT)と呼ばれている。今年夏、ロシアのメドベージェフ首相はVATを18%〜20%に引き上げる方針を表明。実現すれば、英仏と同程度になる。

2019年6月時点で、G20諸国で最もVATが高いのはイタリアで22%。2013年に21%から引き上げられた。

アルゼンチンでは標準的なVATは21%。ドイツでは19%。トルコでは18%。中国では今年5月1日から17%から16%に引き下がった。メキシコでも同様のパーセントだ。南アフリカ共和国では15%、韓国とインドネシアでは10%だ。

サウジアラビアでは2018年1月1日から5%のVATが導入。

インドとブラジルではVATは州と商品のカテゴリーによって変わる。インドでは主な品目に対して4〜5%、ブラジルでは平均17%だ。

オーストラリア、カナダ、米国では日本同様VATがない。代わりに売上税がある。米国とカナダでは平均税率が州によって代わり、米国では2%〜15%、カナダでは5〜6%。オーストラリアでは10%だ。

G20諸国以外の国でVATが高いのはハンガリーとギリシャで、それぞれ27%と24%だ。

関連ニュース

日本や他の国々で政府が労働時間を短縮しても、皆が喜んでいるというわけではないのは何故か?

憲法9条改正:日本に選択肢はあるのか?

タグ
改革, 経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント