20:40 2018年11月16日
東京

船田氏、自民の憲法審体制に懸念 「強硬運営のメッセージ示した」

© Sputnik / Natalia Seliverstova
日本
短縮 URL
0 51

自民党の船田元・衆院議員は22日のメールマガジンで、自身や中谷元・元防衛相が衆院憲法審査会の幹事を外れた自民党の新体制について「強硬派によって審査会を運営するというメッセージを内外に示した」として、懸念を表明した。

スプートニク日本

自身と中谷氏について「野党との話し合いを重視しつつ改憲を進める中山太郎元衆院憲法調査会長の路線を受け継ぎ『中山学校』とも『協調派』とも呼ばれた」と自負。国民投票法などの成果を上げてきたと強調した。

一方で、自民党の新たな憲法審人事に関し「『強硬派』と呼ばれる安倍晋三首相に近い方々が野党との交渉の前面に立つ」と不安視した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

安倍首相、防衛力整備「未来の礎」 自衛隊の観閲式で訓示

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント