05:43 2018年11月21日
対中ODA終了へ 第三国の開発協力を提案

対中ODA終了へ 第三国の開発協力を提案

© Sputnik / Natalia Seliverstova
日本
短縮 URL
1101

日本政府は、約40年にわたり実施している中国への政府開発援助(ODA)について、本年度の新規案件を最後に終了する方針を固めた。25日からの安倍晋三首相の訪中時に伝える。今後、第三国での開発に関して協議する「開発協力対話」を発足させ、新たな協力を進めたいと提案する考えだ。政府関係者が23日明らかにした。

スプートニク日本

1978年の日中平和友好条約の発効から23日で40年を迎えた。中国は米国に次ぐ世界2位の経済大国に成長しており、支援は役割を果たしたと判断した。

対中ODAは条約発効の翌79年に始まり、これまでに約3兆6500億円を供与してきた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

日本政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、20年運用目指す 地方定住さらに促進

タグ
日中関係, 中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント